状態をチェックして売ること

ワインボトル

もらったものの、自分では飲まずに家の倉庫に保管したままの状態のブランデーやワインなどは、実は買取に出すことが可能です。特に、年代物はプレミアがつきやすく、かなりの値段で売ってしまうことも可能です。それを知らなければ、古いからと言って捨ててしまうことになります。ただし、気をつけなければならないのは、保存状態です。例えば、開封済みの酒類に関しては、どれだけ良いものであっても値段がつかないので要注意です。買取りに出す前には、必ずお酒の状態をチェックしておくことです。ポイントとしては、汚れていたり埃をかぶったりしているようであれば、ひと手間かけて拭いておくことをおすすめします。そうするだけで買取価格がアップするからです。

古くても価値がある

古いブランデーというのは、プレミアが付くので買取価格も高騰します。しかし、このことを知らない人が多くて、処分をしてしまうという人が少なくありません。倉庫や押し入れに入れたままのブランデーやワインがあるのならば、買取りに出してみることです。古いブランデーというのは、ラベルがビリビリに破れてしまっていても、買い取ってもらえることがあります。それは、保存状態の良し悪しが左右します。保存状態が悪いブランデーの場合、液体の位置が極端に下がってしまいます。そうしたものは気化してしまっていることが考えられるため、栓がしっかりと閉まっていても、中身の状態はあまり期待することができません。場合によっては買取を断られます。

たくさんあるなら取りに来てもらう

一般的に、ブランデーなどの酒類の買取は持ち込みとなっています。しかしながら、売りたいお酒が家にたくさんある場合には、それを持ち込むのも一苦労です。車への積み下ろしが必要であり、ましてや、車がなければ運ぶのも一苦労です。そうした人のために、出張買取サービスがあります。これを利用すれば、買取店のスタッフが自宅までやってきて査定をしてくれます。もし、査定額に満足できれば、そのまま引き取ってもらい、現金化することが可能です。現金化に関しては、近頃は後日銀行振込をするところがほとんどです。まれに、その場で現金に変えられる場合もあります。ブランデーなどは数が増えると場所を取ってしまいます。家に転がしておいても品質が低下してしまうだけなので、良い状態のものは売ってお金に変えてしまうことです。それだけでなく、プレミア価格の付いたブランデーであれば、高値で買取をしてくれるので売ることを推奨します。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中